東芝 府中 コロナ。 トヨタ東芝村田TDKの工場従業員が新型コロナに感染、スバルは操業停止を前倒し(MONOist)

東芝府中事業所のクハ103とクモニ83がポッポの丘へ。撮り鉄たちがまたも大暴れ… | akkiの鉄道旅行記

東芝 府中 コロナ

府中にあるJタワー。 東芝の隣にあった日本製鋼所の跡地に建てられた(筆者撮影) かつて東芝府中事業所の隣には、日本製鋼所東京製作所(府中市)があった(1938年設立)。 建設機械(パワーショベル)や油圧機器を生産していたが、1987年に閉鎖され、府中インテリジェントパークに生まれ変わった。 18階建ての「Jタワー」(オフィスビル)を中心に、三井住友信託銀行や日本銀行のコンピュータセンター(日銀府中分館)などが立地し、雇用と税収を生み出す地区に生まれ変わっている。 日本銀行府中分館の住所は府中市日鋼町で、日本製鋼所の由緒を残している。 規模ショッピングモールなどに生まれ変わる? 東芝府中事業所が今後も決算対策の必要に迫られ、売却される事態にでもなれば、大規模ショッピングモール、オフィスビルやマンションに生まれ変わるのではないかという観測が高まっても、不思議ではない。 しかし、ある東芝関係者は、「三重県四日市ほどではないが、府中はこれまでずっと、安定的に利益を出してきた事業所。 府中事業所がなくなるときは東芝が消えるときだ」と力を込める。 府中事業所の正門にあたる南門には、「新生東芝のトップランナー 府中事業所」という従業員の士気を高め、経営の覚悟を示す看板が掲げられた。 そう、少なくても東芝自身にとって府中事業所は、大阪の陣「真田丸」のような存在なのだ。

次の

東芝社長がコロナ禍でも「日本は面白いポジションにいる」と断言する根拠

東芝 府中 コロナ

実際に抗ウイルス性試験を行うのは、同社から委託を受けた外部の検査機関で、具体的な機関名、実施期間については明らかにされていないが、同社によれば、委託そのものは28日付で行っており、一般的な検査事例としては終了までに月単位を擁することが多いとしている。 酸化タングステンを活用した光触媒 一般的な光触媒の材料は「酸化チタン」だが、同社のルネキャットは「酸化タングステン」を採用している点が特徴だという。 光触媒は、光が当たると表面に電子と正孔が形成され、酸化作用を利用することで臭いや細菌などといった有害物質の分解を行うことを可能とするもの。 ノーベル賞化学賞の候補者として毎年のように名前が挙げられている藤嶋昭氏 東京理科大学栄誉教授、同大総合研究機構 光触媒国際研究センター長 が研究者としてよく知られている。 酸化タングステンと酸化チタンの大きな違いは酸化チタンはバンドギャップが3eV以上であり、機能を発現するためには紫外線の照射が必要だが、酸化タングステンは、可視光や蛍光灯照明条件でもさまざまな揮発性有機化合物 VOC を酸化分解するだけの活性を有しているという点。 そのため、室内でも光触媒効果を発揮することができるとして、さまざまな産業への応用が期待されてきた。 ルネキャットの効果はどの程度か? 同社が手掛けるルネキャットは一般向けにはスプレータイプの製品が提供されているほか、産業分野としては、業務用液体や冷蔵庫内の除菌・脱臭用スラリー、塗布済みの壁紙、脱臭器に装着する脱臭フィルタといったアプリケーションも提供しているという。 一般向けに販売されているスプレータイプのルネキャット 画像提供:東芝 また、その効果としては、スプレーとしては床や壁に噴霧することで、鳥インフルエンザウイルスやO157、黄色ブドウ球菌などを抑制できることが外部機関の試験で確認されているという。 光触媒の効果はどの程度続くのか? 光触媒の効果は、物質がそこに存在し、光が照射される限りは持続する。 ルネキャットの場合も、噴霧した粒子が付着し続ける限りは効果が持続するという。 ただし、塗布した箇所が剥がれるような外的圧力があれば、効果はなくなってしまうと同社では説明している。 なお、東芝グループが酸化タングステンによる光触媒を手掛けるのは、1909年に東芝の前身である東京電気が、日本で初めて電球用タングステン・フィラメントの製造を開始して以降、培ってきたタングステンに関するノウハウを有しているためで、ルネキャットはそうした積み重ねてきたノウハウを総動員して生み出されたものだという。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

トヨタ東芝村田TDKの工場従業員が新型コロナに感染、スバルは操業停止を前倒し(MONOist)

東芝 府中 コロナ

東芝のルネキャットとは ルネキャットとは可視光応答型光触媒というコーティング剤の一種です。 光触媒コーティングは壁や天井など住宅内の様々な場所や外構などに施工ができるものであり、高い防汚効果と抗菌、消臭効果のあるコーティングとして人気があります。 光触媒とは? 光触媒とは、光を照射することにより触媒作用を示す物質の総称であり、光触媒作用は光化学反応の一種と定義されています。 いわゆる、光を当てることで化学反応を起こし、触媒作用によって防汚効果や、抗菌効果が働くというものです。 光は太陽光などの紫外線が必要でしたが、研究と開発が進み、今では蛍光灯などの可視光にも反応する光触媒が誕生致しました。 光触媒コーティングは新型コロナウイルスに有効なのか 現在、日本でも猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、未だ特効薬もなく、感染リスクを減らす対策しかできない状況が続いています。 東芝ではこの新型コロナウイルスに対抗すべく、光触媒コーティングである『ルネキャット』にて、抗ウイルス効果の検証を行なっております。 これが上手くいくのであれば、病院はもちろん住宅内にも施工をすることで、施工した空間からは新型コロナウイルスが消え去り、感染リスクが減っていくでしょう。 光触媒を有効に活用するのに必要な条件 光触媒を応用した製品は様々存在します。 空気清浄機に光触媒フィルターを装着し、紫外線を発生させて空気の浄化を行うものや、マスクに光触媒を練りこんだ光触媒マスクなど抗菌・抗ウイルス効果を元に考え出された製品がありますが、光触媒の大きな特徴として、 範囲の広さが重要であるとされています。 また、空気清浄機であれば光触媒フィルターの大きさになりますので、一概には言えませんがマスク10枚分くらいではないでしょうか?ではどれくらいの範囲があれば十分な効果を出すことができるのでしょうか? 光触媒の効果を出すのに必要な範囲 大きければ大きいに越したことはありません。 また、空気清浄機などは空間に浮遊する菌などをフィルターに集めて菌の不活性化を促す効果があると考えられますので、小さな範囲でも範囲以上の効果を出すことは出来るのではないかと考えられます。 一方マスクに関しては、範囲が小さく効果が本当にあるのか明確にはされていない状態です。 以前に光触媒マスクを販売していたメーカーは消費者庁より、 景品表示法に違反するとされ、再発防止などを求める措置命令を出されています。 以上のことからもマスクに光触媒の効果を持たせたものは実際にウイルス対策として効果があるのかどうかは定かにはなっておりません。 光触媒の効果を最大限発揮する方法 光触媒の効果を最大限に発揮するには前述したように、広範囲に光触媒効果を持たせる必要性があります。 このことから、住宅内であれば壁や天井に隈なく光触媒コーティングを施すことで、最大限の効果を発揮することが出来るでしょう。 住宅の中で一番菌の侵入やウイルスの侵入が多いとされるのは玄関です。 外から帰宅した際に体に付着したウイルスを持ち帰ってしまうのが、その理由となり、玄関ホールには光触媒空気清浄機の設置をすることでさらなる対策になるのではないかと考えられます。 また、寒い冬に外から帰ってきたらコートを収納します。 この収納したクローゼットの中にも衣服に付着したウイルスが侵入する可能性があります。 クローゼットの中には空気清浄機をおくことは難しいですので、ここは光触媒コーティングを行なって頂くのが良いでしょう。 以上のことから、光触媒コーティングは家全体に隈なく施工をすること。 また、空気清浄機は玄関に設置することが効果的ということがわかります。 クリーンエクスプレスの光触媒コーティング 当社では銀イオンを配合した光触媒コーティング剤を使用し、住宅内丸ごとの光触媒コーティングを行なっております。 新型コロナウイルスへの効果は未だ実験中ではありますが、そのほかのウイルスには効果が実証されているものになりますので、気になる方は是非お問い合わせくださいませ。

次の