食べ て 応援 プロジェクト。 市原市飲食店応援プロジェクト 市原市

[公式]たべチケ!やちよ

食べ て 応援 プロジェクト

前売りチケットという形で資金を集め、コロナが終息したらみんなでご飯を食べに行こう!という「市原市飲食店応援プロジェクト」が注目を集めています。 これは新型コロナウイルスで影響を受けた市原市の飲食店を応援するクラウドファンディング。 例えば、3000円以上の支援で3000円分のお食事券(参加店舗に限り使用可能)がリターンされます。 発起人の小川起生さんは、「市原市の飲食店は、今、想像以上に酷い状況です。 自分たちが食べに行く店を守ろう、皆で一緒に盛り上げようという思いで始めました。 約300人もの方から、支援がすごい勢いで集まっています。 これは、市原の飲食店を守りたいと願う人が多いことの表れだと思います。 コロナが落ち着いたら、いつか支援してくれた人たちと、市原の飲食店で乾杯したいです!」とのこと。 小川さんは、街の中に『人』や『こと』の出会いの場を創りたいと、五井西口にコワーキングスペースCo-Satenを発足させ、熱心に活動してきました。 その行動力の源は「商店街の力になりたい」というたった1つの想い。 現在、店舗は新型コロナ感染拡大防止のため一時休業していますが、市内高校のオンライン授業や、様々なオンラインイベントを手がけています。 オンラインでの会議や飲み会が増えている今、オンラインイベントに便利なツールを学ぶ講座も行われました。 他にもタイムリーで有意義なイベントを多数開催しています。 コロナが終息して日常が戻り、美味しいご飯を食べに出かける。 そんなかつての当たり前が1日も早く来るように願います。 写真は昨年撮影。

次の

『まじめし』プロジェクト ”こんな時だから食べて応援したい” 飲食店情報を募集?【愛媛県庁】|外食業界の新店舗、新業態など、最新情報|ニュース|フーズチャネル

食べ て 応援 プロジェクト

【2020年4月23日】目標金額である1,000,000円を達成! 応援を引続き受け付けております! 皆様のご支援・応援に深く、深く、感謝申し上げます。 1羽でも多くの比内地鶏を食べて応援したいかた ふるさと、秋田の食を未来に残したいかた この機会に比内地鶏の味を楽しみたいかた 離れて暮らす家族に送って励ましたいかた さまざまな形の応援が、参加頂いた比内地鶏の関係者のみなさまに直接届いております。 比内地鶏をとりまく状況は依然として厳しい状態が続いておりますが、皆様の応援により少しずつ比内地鶏の未来が開けてきていると実感しています。 引続き、皆様からの応援を頂けましたら幸いです。 期限日まで、どうぞお願い申し上げます。 秋田を代表する食である「比内地鶏」の生産者や販売者を応援したい! 新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、秋田県の特産物である比内地鶏の関係者が苦境に立たされています。 その理由は全国的な外出自粛により観光地や飲食店から客足が遠のいたことで比内地鶏の販売が大きく減少しているためです。 飲食店の売り上げ減少によって比内地鶏の出荷は例年の3割と大幅に落ち込み、深刻な状況となっています。 このため大館市のJAあきた北比内地鶏生産部会では5月から比内地鶏の生産数を4割削減することとしました。 しかし、比内地鶏は出荷まで150日以上飼養することから減産してもすぐに供給過多を止めることができないことから、私たちは比内地鶏の消費を促進し、秋田県の宝である比内地鶏を守る取組みが出来ないか、生産者や販売者とともに考えました。 そして私たちは解決の糸口の一つを購入型クラウドファンディングに見い出し 「 比内地鶏を食べて応援」プロジェクトを立ち上げたところです。 比内地鶏はもともと流通量がそれほど多くなく、手軽に手に入る食材ではありませんが、ぜひこの機会を利用して多くの方々に「#比内地鶏を食べて応援」していただくことを願っております。 比内地鶏について 比内地鶏は、名古屋コーチン、薩摩地鶏と並ぶ日本三大美味鶏の一つに数えられている秋田県の特産品で、その品質を維持するため秋田県が定める厳格な比内地鶏ブランド認証制度によってブランド管理が行われています。 鶏肉としての特長は、通常のブロイラーと比較して、うまみ成分であるイノシン酸が豊富で、鶏肉本来のコクと香りをもっています。 また、適度な歯ごたえがあるのも特徴で、かめばかむほど肉の旨みが出てきます。 比内地鶏で日本一を目指し、比内地鶏の原点と想いを全国へ伝えています。 直営店では、絶品の比内地鶏料理をふるまっており、秋田の食を余すことなく発信しています。 秋田の素材の売り込みにより、秋田に人とお金の流れを作りあげます。 【HP】 秋田犬ツーリズムについて 一般社団法人秋田犬ツーリズムは 秋田県北部の大館市、北秋田市、小坂町、上小阿仁村の4市町村で構成される地域連携DMOとして2016年4月に発足し、2017年11月に観光庁から日本版DMO法人として登録されました。 「秋田犬王国へのいざない〜ミステリアスな北東北で食と癒やしを満喫〜」をコンセプトに、縄文犬のDNAを色濃く引き継ぐ秋田犬を中心に、縄文遺跡や十和田湖大噴火遺跡などの貴重な遺跡や、古くから鉱山で栄えた産業遺産、伝統に育まれた食を国内外にアピールし、観光客の来訪や滞在促進を目指す秋田犬観光圏ブランドを確立するために設立された組織です。 設立の背景には、連携4市町村が共通の課題として認識していた、人口減少による地域消費額の減少と地域活力の低下があります。 訪日外国人が例年増加している中、 海外でも人気の「秋田犬」をフックとし、 都会にはない秋田の魅力を北東北エリアから世界に向けて、秋田犬、温泉や食、体験などのコンテンツを積極的に発信するとともに、地域産品のブランド化を進め、地方創生の実現を目指します。 【関連URL】 秋田犬ツーリズムサイト: Facebook: Instagram: Twitter: 返礼品について 生産者、販売者に協力して頂き、比内地鶏の旨みを最大限に活かした加工食品や調味料を取り揃え、 「#比内地鶏を食べて応援」プロジェクト限定のお得なセットを用意いたしました。 ご支援いただいた資金は比内地鶏の生産者及び販売者に還元し、生産者及び販売者では比内地鶏ブランドの維持のための活動資金として使用いたします。 また、コロナウィルス収束後の比内地鶏のブランド発信に使用いたします。 *ご支援いただきましたセットの発送は、6月末までに随時発送を予定しています。 そして、頂いた支援をプロジェクトに参加頂いた生産者や販売者とともに有効に活用し、この地域に根ざした地域資源である比内地鶏を未来へ残し、地域に貢献して参りたいと考えています。 皆さんもぜひこの趣旨にご賛同いただき「#比内地鶏を食べて応援」にご協力いただき、また発信していただければ幸いです。

次の

いいともあいち推進店 「食べて応援プロジェクト」掲示板

食べ て 応援 プロジェクト

【 三陸の生産者を食べて応援しよう!プロジェクト】 本プロジェクトは三陸SUNが新型コロナウイルスの関係で、飲食店などへの出荷が出来なくなった三陸の事業者の支援と、 全国の自宅待機によってストレスを抱えながら戦っている消費者の方々への食の楽しみを通じた気分転換を目的として企画しました。 生産地、水揚げ地から直接新鮮な三陸の食をご自宅にお届けします! 第1弾として「三陸海鮮バーベキューセット」と「三陸海鮮おでんセット」を企画させていただきました。 「三陸海鮮バーベキューセット」は、活きたままのあわびが目玉食材です。 三陸の海水を使った陸上養殖されたこのアワビは天然物と比べると殻が薄いのでご家庭にあるホットプレートでも十分に火が通り、踊り焼きをしながら焼いていくと殻がポロっと外れるので、それをバターと醤油で焼き上げると柔らかいアワビのバター焼きの完成です。 精力剤としても珍重される肝は実は生殖機能で黒い肝は卵、白い肝は白子です。 砂地にまったく入っていないので砂がなく美味しく食べられます。 「三陸海鮮おでんセット」は、おでんの基本出汁となる宮城県登米市の「登米のだし」がまずびっくりする位美味しくて三陸SUNでもリピーター続出です。 これに料理酒を足すだけで美味しい出汁が出来上がります。 やはりここでも活きあわびの「踊り炊き」を楽しんでいただけます。 牡蠣は他の具材と炊くと香りが強すぎて、他の食材の味を消してしまうので別鍋で炊きましょう。 牡蠣は炊きすぎると固くなってしまうので、出汁に入れてから徐々に膨らんで来るので膨らんで30秒位で出来上がりです。 第2弾では「免疫力アップセット」を解禁。 2020年5月15日段階で感染者数ゼロの岩手から県民が良く食べている海藻類やヨーグルトなどの美味しい食材を厳選しました! 巣ごもり中の皆さんの気持ちが少しで晴れやかになってもらいたい。 そして皆さんに買っていただくことで出荷できずに困っている生産者の方々の支援にもつなげたいという想いで 私たちが今出来ることを一生懸命やらせていただきます。 どうぞご理解、ご協力よろしくお願い致します。

次の