楽天 トラベル キャンセル 料。 キャンセル料の税金|消費税が課税となる場合、非課税となる場合

楽天トラベルのキャンセル〜カード決済のキャンセルの返金までのまとめ

楽天 トラベル キャンセル 料

2つの精算方法による違い 楽天トラベルでは予約時に精算方法を2つから選べるようになっています。 楽天トラベル支払い方法選択画面 ネット上で先に決済してしまう「オンラインカード決済」と、ホテル旅館で支払いを行なう「現地決済」が選択出来ます。 これは単純に支払い方法として見れば、事前に支払うか後で支払うかの違いでしかないのですが、実は「領収書」という観点で見るとかなり違いがありますので、その違いを表にまとめました。 楽天トラベルの対応は宿泊施設問わず同一です。 ) この中で注意しなければならない点は当然額面の部分になります。 経費として後日会社などへ精算する際にポイントやクーポンの使用後の金額で良いのか、また接待としての利用で飲食代やお土産なども含めた金額での領収書が必要なのか、その用途によっては決済方法を変えなくてはならないのです。 例えば、出張で宿泊をした際にご自身でコツコツ貯めたポイントを宿泊代にあてた場合、現地決済を選択してしまうと領収書はポイントが引かれた後の額面が記載される為、後で精算し回収する事が出来なくなってしまうのです。 逆に、ポイントを使用してオンラインカード決済を選んだ場合は、ポイント利用前の額面が記載されますので精算時に現金化することも可能になります。 )また、宿泊施設内での飲食などの領収書は、どちらを選択した場合でも宿泊施設からもらうことが出来ますが、オンラインカード決済を選択した場合、宿泊費と飲食代の領収書が分かれてしまう為、ケースによっては都合が悪い場合もあるかと思います。 ですので、合算で領収書が欲しい場合は現地決済を選択しなければならないのです。 このように領収書は何かしらの用途があって発行してもらうものですので、ご自身の用途やメリットに合わせて最適な領収書が取得出来る決済方法を選びましょう。 オンラインカード決済の場合の領収書発行方法 楽天トラベルでオンラインカード決済をされた場合の領収書の発行方法を実際の画面と合わせて解説します。 領収書はプリンターで印刷する形になりますので作業はPCで行いましょう。 (スマホ画面でも途中までは進むことは出来ますが、最終的にはPC画面に行き着いてしまいます。 ) 宿泊後、楽天トラベルトップページ右上の「予約の確認・キャンセル」のボタンをクリックします。 事前に楽天会員アカウントでログインしておくとスマートに進めます。 上記画面の場合、上段に表示されている予約は支払い方法で現地決済を選択していた為、領収書発行のボタンがそもそもありません。 このように支払い方法によって領収書発行方法が異なりますので、後で領収書が取得出来ないという事がないように事前に上記の表を確認してから予約してください。 新しいウインドが開き、領収書の宛名を入力する事が出来ます。 用途に応じて任意の名前を入力し「宛名確認へ」をクリックしてください。 宛名を用途に合わせて自身で変えられるのは非常に便利で親切な機能だと思います。 宛名を確認し「領収書発行」を押しプリントアウトしてください。 任意で宿泊施設の住所を入れる事も可能ですので必要があれば、ボタンにチェックを入れましょう。 また、 領収書発行は2回までとなっており、2回目は「再発行」と記載されます。 出力方法は1回目と同じですが、下記のように発行用ボタンが「領収書再発行」に変更されています。 以前筆者は発行をクリックした後にプリンターのトラブルが発生し印刷出来ないことがありましたが、ページ上では「クリック=印刷」となりますので実際に印刷されていなくても発行済となってしまいますので、重要な領収書を発行する場合は事前に印刷環境を確認しておくことをおすすめします。 また、すぐに出力せず一度PDFデータとして保存したり、スクリーンショットを撮っておいたりなど工夫されるのも良いでしょう。 楽天トラベル領収書サンプル このような領収書が発行されます。 利用人数や宿泊金額がそのまま記載されますので、宿泊金額の一部金額の領収書が必要な場合や人数などが無い方が良い場合は、予約時に現地決済を選び宿泊施設で発行してもらいましょう。 また、利用内容の細かな明細を記載することは出来ませんので、明細や内訳が必要な場合は予め「現地決済」を選択し、宿泊施設から領収書を発行してもらいましょう。 現地決済の場合の領収書発行方法 現地決済を選んだ場合は、宿泊施設で領収書を発行してもらいます。 チェックイン時やチェックアウト時など、精算方法はホテル旅館によって異なりますので、ホテルのルールに従って発行してもらいましょう。 また、事前に領収書の宛名や金額、但し書きの内容をフロントに伝えておくと、とてもスマートですし、宿の方も事前準備が出来る為、好印象を与えることが出来ます。 また、現地決済というだけで現地でクレジットカードで支払う事も可能です。 「現地決済=現金決済」と勘違いされている方も多いですがカード支払いも可能です。 ) 現地決済の場合はオンラインカード決済と違い、宿泊施設から領収書を発行してもらう形ですので発行期限は大きな問題にはならないでしょう。 筆者の宿でもそうですが、実際に宿泊されているのであれば後日発行依頼をしても領収書発行をしてくれるお宿の方が多いと思いますが、必要な場合は出来るだけ忘れずに当日発行してもらいましょう。 キャンセル料の領収書の発行方法 ここでは何らかの理由で宿泊出来ずにキャンセル料が発生してしまった場合の領収書の発行方法をお伝えします。 しかし、実はキャンセル料だから何か特別なやり方がある訳ではなく、基本的には今までご説明したきた「宿泊した場合」の流れに準じます。 つまり、下記の表のような形となります。 現地決済 オンラインカード決済 領収書発行者 宿泊施設 楽天トラベル 取得方法 現地で取得 宿泊後、個人ページからプリントアウト 宛名変更 可能 可能 ポイント利用分 キャンセル料に充当不可・ポイントは返却 キャンセル料に強制充当 クーポン クーポンは翌日返却、利用上限枚数に達していた場合は失効 クーポンは翌日返却、利用上限枚数に達していた場合は失効 ここで重要なのはポイントとクーポンの扱いですが、ポイントやクーポンを利用して予約した場合の キャンセル料の算定基準価格はポイントやクーポン分が引かれる前の金額となります。 そして、その価格を基準とし各お宿が設定したキャンセルポリシーに沿ってキャンセル料が決定します。 発行方法については、宿泊した場合と全く同じです。 参考記事: 領収書発行出来ない理由と対応方法 ここでは、楽天トラベルの宿泊で領収書発行が出来ないと言うトラブルへの対応方法をお教えします。 今までお伝えさせていただいた内容のおさらいとなりますが、もしトラブルが発生した場合はこの記事をご確認ください。 「領収書発行ボタン」が消えた オンラインカード決済をした場合には「 手配後2カ月」の発行期限がありますので、その期限を過ぎると「領収書発行ボタン」が表示されなくなり発行出来なくなってしまいます。 ここで重要なのは「宿泊後」や「利用後」ではなく「手配後2カ月」という点です。 手配は予約の同意語ですので、領収書の発行期限は「 予約してから2カ月以内」となります。 これ以降になると利用履歴から領収書発行ボタンが無くなり発行が出来なくなってしまいますので、必ず期限内に発行しておきましょう。 逆に言えば、宿泊前でも領収書の発行が可能ですので、予約とセットで発行してしまうのも忘れない為には良い方法だと思います。 予約から2ヵ月以上が経過してしまい発行ボタンが消えてしまった場合に、楽天トラベルに依頼してもボタンの再表示はしてもらえませんので、2ヵ月以上先の予約をした場合は、予約の流れで発行までしてしまうのが一番良い方法です。 また、どうしても発行期限が過ぎた領収書が必要な場合は、宿泊したお宿のお願いしてみる事をおすすめします。 事前カード決済でお宿に直接支払っていない訳ですので正規の領収書は当然もらうことは出来ませんが「料金が記載された宿泊証明書」のような書面をもらうことは可能なはずですので、領収書の代替えとして使用出来るかもしれません。 ただ、お宿さんも通常業務ではありませんので、面倒くさがって発行してもらえない場合もあります。 いずれにしても、自己責任ですので発行期限内に領収書発行をしておくようにしましょう。 「領収書発行ボタン」が表示されない これは筆者の旅館にもたまに問い合わせをいただくのですが、ほとんどの場合は予約時に「現地で支払う」を選択されているお客様です。 つまり、そもそも領収書はお宿から発行してもらうケースであり、楽天トラベルのサイトに領収書発行ボタンは表示されません。 現地支払いを選ばれた方は、チェックアウト時にお宿から領収書を発行してもらいましょう。 楽天トラベル領収書発行まとめ• 選択した支払い方法によって発行方法が異なる• 領収書の用途に応じて支払い方法を選択し、適切な領収書を取得しよう• 宛名は入力制で、自由に変更可能• 発行は2回出でき、2回目は「再発行」と記載される• キャンセル料の領収書も同様に発行可能• オンラインカード決済の場合は、手配から2か月の発行期限がある 少し複雑ですが、理屈を一度覚えてしまえば「この場合はこうだ」とすぐ判断が付くようになりますので、それまではこの記事を何度か読み返して役に立てていただければと思います。 また、ポイントバックのメリットは圧倒的にオンラインカード決済にありますので、飲食代を含めたり領収書を2枚にしたりするようなケースで無い限りはオンラインカード決済がおすすめです。 また、オンラインカード決済の場合、楽天カードで決済するとポイント還元率2%にアップしますので、その辺も加味して支払い方法考えると良いでしょう。 余談ですが、筆者は出張や個人旅行など宿泊する機会が多いですが「楽天プレミアムカード」を使用していますので、さらに還元率がアップしていつでもポイント3倍です。 また得旅キャンペーンも必ずエントリーしますので毎回ポイント13倍です。 年会費はかかりますが、出張機会が多い方であればあっという間に回収可能ですのでおすすめのカードです。

次の

【楽天トラベルとSPU】旅行予約キャンセルした場合の楽天市場でのポイント率について

楽天 トラベル キャンセル 料

楽天トラベルのキャンセル料っていくら? まずキャンセルの前に知っておかなければならないのはキャンセル料です。 予約した側は自分の都合でキャンセルしますが、ホテル側にとっては無条件に無料でキャンセルされてしまっては損失が出てしまいます。 それを防ぐために予約をキャンセルする時に一定のキャンセル料を課すことで、キャンセルを行いにくくするだけでなく、キャンセルされた場合でも損失の穴埋めが出来るようにしているのです。 キャンセル料はホテルによって定められており、それぞれのホテルのキャンセルポリシーでキャンセル料金とキャンセル料の発生する日時を確認する事が出来ます。 キャンセルポリシーは「詳細情報」の中の「その他の設備・サービス」に記載されていますよ。 宿泊料が2倍かかってしまうのは誰もが避けたいですよね。 キャンセル・予約変更の仕方 キャンセル方法 楽天トラベルではキャンセルしなければならなくなった場合、 まず楽天トラベルのトップサイトからログインし、「予約の確認・キャンセル」をクリックします。 すると個人ページに行くので上の方にある「現在の予約」をクリックします。 キャンセルの後、個人ページに戻り現在の予約を確認すると、キャンセルしたホテルは消えているので念の為確認して下さい。 キャンセル料の返金トラブルを避けるために ここで予約の時にオススメなのが 現地決済を選択する事です。 早めの予約をすると、こんな風にキャンセルをしてしまう事もあるので、泊まった時に支払う現地決済にしておけばトラブルなども防げると思うので参考にしてみて下さい。 もし、予約時のクレジット決済を選択し、予約をキャンセルした場合は、キャンセルが成立した時点で返金処理が行われます。 キャンセル料がかかっている場合は、キャンセル料を差し引いた額が返金されます。 支払いに楽天スーパーポイントを利用していたら、クレジットカードと同様にキャンセルが成立した時点でポイント変換処理が行われます。 しかしキャンセル料が発生していた場合は、利用した楽天スーパーポイントを優先してキャンセル料に充当され、ポイント不足分はクレジットカードへの請求となります。 予約内容の変更の仕方 楽天トラベルでの予約変更が可能なのは「日程短縮」のみとなります。 「日程増泊」「人数」 「チェックイン時間」「宿泊者氏名」「食事の有無」などは変更出来ないので、それぞれ説明していきたいと思います。 日程短縮 日程短縮に関してはインターネット・携帯サイト・宿泊予約センター 電話 で手続きが可能です。 その場合、宿泊施設など明示される「連絡先」へ電話をしてください。 日程増泊 日程増泊はインターネット・携帯サイト・宿泊予約センターからの手続きは出来ないようです。 増泊したい場合は、既存の予約はそのままに、増泊したい日程を別途予約が必要になります。 その他の予約変更 宿泊日程・人数・チェックイン時間・氏名など 日程短縮以外の変更も増泊と同様に出来ません。 変更したい場合は、変更後の希望条件で空室があるかを検索し、空室があったら予約を取り直すという方法です。 もし変更後の希望条件の部屋が空いていなければ、明示されている宿泊施設へ電話をして相談すれば空きがある可能性がありますが、それでも無ければ違うホテルを探すしかないでしょう。 なんとも面倒でリスクのある予約変更は出来ることなら避けたいですね・・・。 まとめ 予約のキャンセルも変更も、プラスでお金がかかってしまったり、希望の部屋が空いていなかったりリスクがあります。 キャンセル料のチェックをしっかりする事と、予約変更の際もできる限り早めの対応をして納得のいく結果になるようにしましょう。

次の

[消費者被害]楽天トラベルでのキャンセル&返金のトラブル

楽天 トラベル キャンセル 料

多くの方が利用している楽天トラベルにおいてやむなくキャンセルする場合もあるでしょう。 現金(現地)支払いの場合は問題ありませんが、クレジットカードや手持ちのポイントで支払った場合どうなるのでしょう? キャンセルについては各宿泊施設にキャンセルポリシーがあるのでそれに従います。 当日は宿泊料金の100%とか、前日は宿泊料金の50%とか。 2日前までは20%とかありますよね。 これに該当する場合はもちろんキャンセル料金が発生します。 楽天トラベル予約キャンセルした時のポイントは戻る? キャンセルポリシーにかからない場合はどうなるかというと料金は戻ってきます。 当然ですよね。 クレジットカードによる事前カード決済では各カード会社によって違いはあるものの1~2か月後には返金されるので不安な方は電話などで確認するとよいでしょう。 気になるのは宿泊料金を楽天スーパーポイントで支払った場合です。 キャンセルとともに消失してしまうのでは?と思うかもしれませんが、こちらもちゃんとキャンセルポリシーに従いキャンセル料金が発生しなければ前ポイントが返却対象となります。 キャンセルポリシーについては楽天トラベルの各宿泊先にある詳細情報より確認することができます。 当日、前日、2日前、3日前くらいがキャンセルポリシーに該当するところが多いようです。 ツアーの場合だと2週間前、3週間前からキャンセル料金が発生するのでそれに比べると安心できますよね。 楽天トラベル予約キャンセルはいつから? 少し話しましたが、楽天トラベルにおける予約キャンセルはキャンセルポリシーによってきめられています。 これは予約した施設の詳細を確認すれば書いてあります。 例えば先日利用した那須温泉のホテルエピナール那須におけるキャンセルポリシーは ・当日が 宿泊料金の80% ・前日が 宿泊料金の80% です。 先日三陸海岸のツアーで利用した「三陸花ホテル はまぎく」の場合はこのような記載になっています。 ・当日が 宿泊料金の100% ・前日が 宿泊料金の50% ・5日前が 宿泊料金の20% このように宿泊施設のキャンセルポリシーによって違いがありますが、当日、前日のキャンセルは料金がかかるということです。 実際にキャンセルする場合や、予約時には泊まるところのキャンセルポリシーがどうなっているのかを確かめるといいでしょう。 楽天トラベルのキャンセルの確認はどうする? やむなくキャンセルをすることになった場合ちゃんとキャンセル処理がされたのか気になりますよね。 そんなときは自分で調べることができます。 楽天トラベルでキャンセル確認をする場合は個人ページから簡単に確認をすることができます。 パソコンの画面ですが、このように楽天トラベルにログイン後、右側上部あたりに「予約の確認・キャンセル」というところがあるのでこちらから進むとキャンセル処理が完了しているかどうかを確認することができます。 楽天トラベルのコンビニ決済とは? 楽天トラベルでの国内宿泊の決済方法は3つあります。 「クレジットカード」「現金」「法人一括」の3つです。 法人一括は一般的には使われていないので、除外すると「クレジットカード」「現金」の2種類です。 なのでコンビニ決済がある楽天トラベルのメニューとなると「高速バス」もしくは「海外航空券」「ANA楽パック」で利用できるようです。 対象のコンビニはローソン、ファミリーマート、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップとなります。 支払期限までに入金確認ができない場合は自動的に予約がキャンセルされるので支払期限は守りましょう。 キャンセル料も当然発生してきます。 出発日の前日から起算した日数によって変わるのでご注意ください。 というのもよいですが、楽天トラベルはポイントサイトを利用したほうがお得なんです。 その中でもおすすめなポイントサイトは「ポイントインカム」です。 なぜならば。。。 ポイントインカムの獲得ポイントがアップしているからです。 通常は10%と驚きの還元率ですが、今はなんと、、、 22%です。 ほかのポイントサイトを見てみると大体0. 5~1%の還元率ですが、ポイントインカムでは他のポイントサイトでは考えられない驚きの22%です。 仮に二人で2万円分の宿泊代といった場合は、ポイントサイトのポイントが44000ポイントもらえるということになります。 ポイントサイトを上手に使っていますか?このようにポイントサイトを利用するといいことがあります。 ポイントサイトを使って楽天トラベルの支払いを楽天カードにすればもっとポイントをたくさんもらうことができますよね。

次の